仮説:ロボット導入が介護分野の課題解決になるのでは?

ロボット導入が課題(社会問題)の解決になるのではないだろうか?

 

この「仮説」「検証」をするために、平成22年(2010年)度に神奈川県が国に先駆けて産官学連携の事業をスタートさせました。それが、わたしたち公益社団法人かながわ福祉サービス振興会が神奈川県から受託して取り組んだ「介護・医療分野ロボット普及推進モデル事業」(以下、”介護ロボット普及モデル事業”)です。

 

0-3.jpg

 

神奈川県から「介護ロボット普及モデル事業」の受託。それが私たち、かながわ福祉サービス振興会が、介護ロボット推進事業に取り組み始めたキッカケでした。 

 

介護ロボット普及推進事業の過去の取り組みに関し、詳しくはこちらから。

 

介護ロボット普及推進事業

「介護分野の問題解決」および「新産業の育成」を目的に、公益法人かながわ福祉サービス振興会が2010年より取り組んでいる活動の総称です。

 

医療・介護分野ロボット普及推進モデル事業 (介護ロボット普及モデル事業)

公益法人かながわ福祉サービス振興会が、神奈川県から平成22年度および23年度事業受託して実施した事業の名称です。

 

事業の範囲2.jpg
▲このページのトップに戻る