平成23年度事業の取り組み

神奈川県から受託した平成23年度の「介護ロボット普及モデル事業」では、大きく下記の5つに取り組みました。

 

  1. 介護ロボットの試験導入と評価
  2. 介護ロボット導入促進のガイドライン策定
  3. 人材育成に向けた教育・研修
  4. 介護施設経営者などへのヒアリング調査
  5. 介護ロボットの普及推進活動

 

 

1 介護ロボットの試験導入と評価

「介護ロボットの試験導入と評価」は、22年度事業に引き続き実施しました。既に市場に導入されているロボットを対象に、介護分野の課題解決が可能かどうかを確認することを目的に、次の3つの側面から試験導入および評価を行いました。

 

 1) 介護する側(介護スタッフ)の問題解決
      例:介護の負担軽減、人手不足の解消

 2) 介護される側(施設の利用者)の問題解決
      例:自立・身体動作の支援

 3) 施設全体へのインパクト
      例:施設全体に与える効果(インパクト)

 

上記3つの側面から評価するためにロボットの機種別に「評価シート」を作成して、介護ロボットの有効性などに関するデータを収集しました。また、評価によって得られた定性的および定量的データを集計・分析し、これを報告書の記載内容としてまとめあげました。 

 

なお、平成23年度事業では、神奈川県内の計17施設を対象に、計7機種の介護ロボットを試験導入しました。

 

 

平成23年度事業で試験導入したロボットの紹介はこちらから!

平成23年度事業でロボットを試験導入した施設の紹介はこちらから! 

 

 

2 介護ロボット導入促進のガイドライン策定

介護ロボットの普及促進を目的に2タイプのガイドラインを策定しました。


1つは、機種に関係なく導入促進に向けて全ての介護ロボットに共通して利用することができる包括的な内容を盛り込むガイドラインを策定しました。また、機種毎にロボットの用途などが異なる事由から、特定の機種を対象に「機種別のガイドライン」を策定しました。

 

 ガイドラインのダウンロードはこちらから!

 

 

3 人材育成に向けた教育・研修

22年度事業の「ロボットの機能を効果的に引き出すためには、ロボットというハード(モノ)を提供するだけでは不十分であり、教育や研修などの提供を含めたソフト面の充実が不可欠である」との反省を踏まえ、23年度事業ではロボットの運用技術を習得した人材育成を目的に、新たな教育・研修の仕組み作りにチャレンジしました。


新たな仕組み作りにチャレンジすると同時に、ロボットの導入時における既存の教育・研修制度に関する課題を整理してまとめ上げました。

 



4 介護施設経営者などへのヒアリング調査

22年度事業の延長として、介護施設の経営層を対象に対面ヒアリングを実施しました。目的は大きく2つありました。

 

1つは、介護ロボットの普及促進に向けてロボット導入の支援拠点となりうる介護施設を開拓すること。もう1つは、介護ロボットの普及促進に向けて取り組むべきアクションに関し、介護施設側の視点をフィードバックしてもらうことでした。

 

 

 

5 介護ロボットの普及推進活動

介護ロボットを世間一般の方々に広く知ってもらうことを目的に低予算で様々な活動を行いました。普及推進の一手段として、22年度にホームページを立ち上げましたが、23年度事業では「介護ロボット」という単語で主要検索エンジンのトップ表示を目指しアクセス数を増やしました。また、シンポジウムなどのイベント開催を積極的に行い情報発信をしていくと同時に国内外からの注目を集めることで普及推進を図りました。

 

 

上記以外の取り組みについては、こちらをご覧下さい。

 

⇒ 平成23年度事業の「報告書」要旨はこちらをご覧下さい。

⇒ 平成23年度事業の「報告書」全文はこちらをご覧下さい。

 

▲このページのトップに戻る