事例発表シンポジウムを開催しました!

2012年2月2日(木)、横浜市の「かながわ県民センターホール」にて当事業の「事例発表シンポジウム」を開催致しました。当事業の一環としてロボットを試験導入された計17施設の中から、パネリストとして4施設4名の方に来ていただきディスカションを行いました。介護施設関係者、介護ロボット市場に参入を検討しているメーカー担当者など約130名の方々にお集まりいただきました。


シンポジウムの詳細は下記の通りです。

 

 

■ 開催日

2012年2月2日(木)

 

■ 場所

かながわ県民センターホール 2階

会場_事例発表.jpg

 

■ 当日のプログラム 

【第一部】

神奈川県からの挨拶

 

神奈川県
商工労働局産業部産業技術課 課長
飯田 篤史 氏

産業技術課 課長.jpg

介護ロボット普及モデル事業の概略説明

社団法人かながわ福祉サービス振興会
介護ロボット推進室 室長 
関口 史郎

介護ロボットの説明・実演
  1. HAL/CYBERDYNE株式会社
  2. パロ/独立行政法人産業技術総合研究所
  3. 眠りSCAN/パラマウントベッド株式会社
  4. ヒューマニー/ユニ・チャーム ヒューマンケア株式会社 

 

【第二部】 

 4

パネルディスカション

<テーマ>
介護ロボットを導入してみて

 

 高田教授.jpg

 

【コーディネーター】
横浜国立大学
大学院工学研究院教授 
高田 一 氏

 


【パネリスト】

  HAL導入施設
  介護老人保健施設 
  老健リハビリよこはま
  リハビリ部 部長
  舘 正成 氏

  
  パロ導入施設
  特別養護老人ホーム ゆとりあ
  言語聴覚士 小菅 直子 氏


  眠りSCAN導入施設
  特別養護老人ホーム 横浜敬寿園
  副施設長 渡邉 正文 氏


  ヒューマニー導入施設
  川崎ナーシングヴィラ 春の風
  施設長 鷲谷 真 氏

 

 4施設4名.jpg

質疑応答   
閉会の辞  かながわ福祉サービス振興会
専務理事
瀬戸 恒彦 

 

 なお、当シンポジウムは、日経BP社のデジタルヘルスOnlineに取り上げられ紹介されています。

 

▲このページのトップに戻る