「介護ロボットシンポジウムin厚木」を開催しました!

神奈川県の平成24年度 介護ロボット普及推進事業の一環として、2012年10月29日(月)、「ロボット特区」の実現に向けて”熱い”神奈川県の厚木市で「介護ロボットシンポジウムin厚木」を開催いたしました。当日は、介護施設の関係者、介護ロボット市場へ参入を検討されているメーカー担当者、大学や研究機関の研究者、それに県議会議員および市議会議員など約120名の方々にお集まりいただきました。

 

また、NHK、朝日新聞社、共同通信社、ノルウェー公共放送など国内外の報道関係者も多数取材に来られ、ロボット特区を目指す県央地区に相応しい盛大なイベントとなりました。

 

「介護ロボットシンポジウムin厚木」の詳細は下記の通りです。

 

■ 開催日

2012年10月29日(月)

 

■ 場所

レンブラントホテル厚木 (神奈川県厚木市)

知事メッセージ.jpg

 

■ 当日のプログラム

(1)介護ロボットの展示

計8機種のロボットを展示しました。


(2)シンポジウムの開催

基調講演に続き、パネルディスカションを行いました。

 

 


 

展示ロボットの紹介

パワーアシストスーツ

パワーアシストスーツ展示.jpg パワーアシストハンド展示.jpg

 

 

 

パルロ

パルロ展示.jpg

 

 

 

パロ

パロ展示.jpg

 

 

 

SAKURA 

SAKURA展示.jpg

 

 

 

HAL HAL展示.jpg

 

 

 

ヒューマニー 

ヒューマニー展示.jpg

 

 

 

マインレット 

マインレット.JPG

 

 

 

Profhand

profhand展示.jpg

 

 

 

 

 

 


 

 シンポジウムの開催 

 

 1 開催挨拶

公益社団法人 かながわ福祉サービス振興会

 瀬戸 恒彦 専務理事

 

瀬戸氏説明.jpg

 

2 神奈川県知事からのメッセージ

神奈川県保健福祉局高齢福祉課

 小島 誉寿 課長

 

小島氏説明.jpg

 

3 基調講演

【テーマ】

介護用ロボット開発の現状とパワーアシストスーツの紹介

神奈川工科大学     副学長・学部長・教授

山本 圭治郎 氏 

基調講演1.jpg

 

基調講演2.jpg

 

4 パネルディスカション

【テーマ】

 「ロボット技術で介護の未来を拓く」

 

介護ロボットの開発者をはじめ、ロボットを実際に導入された方、それに県央地区に一大ロボット産業を興そうと日々努力されている方など計5名から”ホットな話”を報告いただきました。

また、シンポジウム会場の皆様から質問を受け付けました。一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションを図りながら進行いたしました。

 

コーディネーター

山本 圭治郎 氏

神奈川工科大学 教授

山本教授 説明.jpg

 

パネリスト

 

 

 

 

柴田 崇徳 氏

独立行政法人産業技術総合研究所
ヒューマンライフテクノロジー研究部門 主任研究員

柴田氏説明.jpg

 

北村 正敏 氏

チームアトム 幹事長 

北村氏説明.jpg

 

久野 孝稔 氏

CYBERDYNE株式会社 営業戦略部長 

久野氏説明.jpg

 

幡野 昭信 氏

ユニ・チャーム ヒューマンケア株式会社 ブランドマネージャー

幡野氏説明.jpg

 

鷲谷 真 氏

川崎ナーシングヴィラそよ風 施設長 

鷲谷氏説明.jpg

 

 

 

パネリスト全体.jpg 質疑応答.jpg
パワーアシストハンド使用.jpg パロ見学.jpg
チームアトム.jpg

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る