「介護ロボットシンポジウムin湘南」を開催しました!

神奈川県の平成24年度 介護ロボット普及推進事業の一環として、2013年3月13日(水)、神奈川県平塚市にて「介護ロボットシンポジウムin湘南」を開催いたしました。

 

神奈川県が国の地域活性化総合特区に申請した「さがみロボット産業特区」の指定を受けて間もないタイミングでの開催であり、当日は黒岩祐治知事の基調講演がありました。そのためか、強風で一部の公共交通機関にダイヤの乱れが生じていたにも関わらず、当初の集客予定人数(150名)を超える約200名の方々にお集まりいただきました。

まさに、「さがみロボット産業特区」の認定を祝うに相応しい大盛況のイベントでした。

 

「介護ロボットシンポジウムin湘南」の詳細は下記の通りです。

 

■ 開催日

2013年3月13日(水)

 

■ 場所

平塚商工会議所 (神奈川県平塚市)

出席者A.jpg

 

 

■ 当日のプログラム

(1)介護ロボットの展示

計8機種のロボットを展示しました。


(2)シンポジウムの開催

平成24年度事業でロボットを導入された3法人から導入に関わったスタッフの方々をお招きして、パネルディスカションを行いました。

 

 


シンポジウムの開催 

 

 1 開催挨拶

神奈川県保健福祉局
 高齢福祉課

 小島 誉寿 課長

 

小島課長.jpg

 

2 ご挨拶

平塚市長

 落合 克弘 氏

 落合市長.jpg

 

3 基調講演

神奈川県知事

 黒岩 祐治 氏

 

黒岩知事D.jpg 

黒岩知事A.jpg
今後、高齢化が進み、「神奈川の人口ピラミッドが大きく変わる」、
「これから20年で介護・医療関係費が約3倍にも増大する」と
いうことを知事が強調されていました!

 

 

4 講演

【テーマ】

 介護ロボットを福祉・介護の現場に安心・安全に導入するために

株式会社インターリスク総研
コンサルティング第一部 ERMグループ

齋藤 顕是 氏

講演@.jpg 講演A.jpg
 後半は三井住友海上火災保険の北河様にもお話いただきました!

 

 

4 パネルディスカション

【テーマ】

 「ロボット技術で介護の未来を拓く」

 

コーディネーター

横浜国立大学 教授

高田 一 氏

takada-san.jpg
パネルディスカションは、横浜国大の高田先生が
上手にコーディネートしてくださいました!

 

パネリスト

 

 

 

 

社会福祉法人 同塵会
 特別養護老人ホーム芙蓉苑 チーム 


医療法人社団 成仁会
 長田病院 チーム 


社会福祉法人 麗寿会 チーム 

 

symposium.jpg

芙蓉苑の小林さんと間宮さん、長田病院の佐治さんと田村さん、
ふれあいの里(麗寿会)の高橋さん、ありがとうございました!

 

2 閉会挨拶

公益社団法人 かながわ福祉サービス振興会

 瀬戸 恒彦 専務理事

 

瀬戸氏-shonan.jpg

 


 

 

展示ロボットの紹介

マッスルスーツ
マッスルスーツ.jpg

 

パルロ

PALRO.jpg

 

パロ

パロ-shonan.jpg

 

マインレット

マインレット-shonan.jpg

 

 

 

HAL  HAL-shonan.jpg

 

 

Profhand 

Profhand-shonan.jpg

  

NESS 

NESS-shonan.jpg

昇降式システムキッチン 
(ビデオ上映のみ)

風越建設.jpg

 

 

 

 

 entrance.jpg
県央経営者会の方が立派な「立て看板」を用意下さいました!
ありがとうございました!!

 

reception.jpg
受付開始前から続々と集まっていただきました!

 

 会場内の様子.jpg
 約200名が集まり会場は超満員。熱気が立ち込めていました!

 

iwai-san.jpg
司会の岩井さん、お疲れ様でした!

 

知事とパロ.jpg
パロを抱きかかえ、黒岩知事もこの笑顔!

 

 panelist.jpg
コーディネーターの高田先生、パネリストの皆さん、
本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る