「介護ロボットシンポジウムin海老名2014」を開催しました!

2014年7月22日(火)、神奈川県および一般社団法人かながわ福祉居住推進機構と共に、海老名市の「神奈川県産業技術センター」にて、「介護ロボットシンポジウムin海老名2014」を開催いたしました。

 

当日は、経済産業省の「ロボット介護推進事業」に採択された介護ロボットを含め、計10機種の介護ロボットを展示しました。また、講演及び介護施設の方々をお招きしてのシンポジウムを行いました。会場には、フジテレビ、日経BP社など報道関係者も多数来られました。

 

「介護ロボットシンポジウムin海老名2014」の詳細は下記の通りです。

 

0722 会場全体.JPG

 

■ 開催日

2014年7月22日(火)

 

■ 場所

神奈川県産業技術センター (神奈川県海老名市)

受付.JPG

 

■ 当日のプログラム

(1)介護ロボットの展示

計10機種のロボットを展示しました。


(2)講演及びシンポジウムの開催

講演、展示ロボット機器の説明に続き、シンポジウムを行いました。

 

0722 会場全体.JPG

 


 

(1)介護ロボットの展示


PALRO
0722 PALRO.JPG
MINELET爽
0722 マインレット爽.JPG
パロ
0722 パロ.JPG
ヒューマニー
0722 ヒューマニー.JPG
HAL®福祉用
0722 HAL.JPG
Profhand
0722 Profhand.JPG
パワーアシストハンド&レッグ
0722 パワーアシストハンド&レッグ.JPG
ベットサイド水洗トイレ
0722 ベットサイド水洗トイレ.JPG
介護用マッスルスーツ
0723 マッスルスーツ.JPG
あんしん あんぜん みまもり システム
0723 aams.JPG

 

 


 

 (2)講演及びシンポジウムの開催 

 

 1 開催挨拶

一般社団法人かながわ福祉居住推進機構

 小谷 與志郎 事務局長

0722 小谷局長挨拶.JPG

 

2 講演

【テーマ】

ロボット介護機器の開発動向

独立行政法人産業技術総合研究所

知能システム研究部門 研究部門長 学術博士

比留川 博久 氏 

比留川先生.JPG

 

 

3 展示ロボット機器の説明

No. 機種名 担当
PALRO 富士ソフト株式会社
MINELET爽 大和ハウス工業株式会社
パロ 大和ハウス工業株式会社
ヒューマニー ユニ・チャーム ヒューマンケア株式会社
HAL®福祉用
湘南ロボケアセンター株式会社
Profhand 神奈川ロイヤル株式会社
パワーアシストハンド&レッグ LLPアトムプロジェクト
ベットサイド水洗トイレ TOTO株式会社
介護用マッスルスーツ 株式会社イノフィス
10 あんしん あんぜん みまもり システム 株式会社バイオシルバー

 

4 シンポジウム

【テーマ】

 「ロボット技術で介護の未来を拓く」

 

介護ロボットを実際に導入された4施設の方々をお招きして「導入して良かった点」「導入する上での課題」など、現場担当者の視線で”ホットな話”を報告いただきました。

また、シンポジウム会場の皆様からは様々な質問を受け付けました。一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションを図りながら進行いたしました。

 

コーディネーター

神奈川工科大学 先進技術研究所 所長
山本 圭治郎 氏 

0722 シンポジウムA.JPG

シンポジスト

【HAL®福祉用導入施設】

医療法人社団成仁会
長田病院 リハビリテーション室 室長
佐治 周平

 

【パロ導入施設】

社会福祉法人麗寿会
ふれあいの家こすもす 管理者
高橋 大輔 氏 

 

【PALRO導入施設】

社会福祉法人心の会
特別養護老人ホームさくらの里山科 主任作業療法士
吉村 由美

【Profhand導入施設】

株式会社小俣組
介護付有料老人ホームサニーステージ野比海岸 施設長
飯塚 貞枝 氏 

0722 シンポジウム@.JPG

▲このページのトップに戻る